オーストラリア・シドニーで開催された「シドニー国際」(WTAプレミア/1月7~13日/賞金総額79万9000ドル/ハードコート)の女子シングルス決勝で、アンジェリック・ケルバー(ドイツ)が地元選手のアシュリー・バーティ(オーストラリア)を6-4 6-4で下し、優勝を遂げた。

 元世界1位で2016年オーストラリアン・オープン優勝者のケルバーは、パースでの男女混合国別対抗戦「ホップマンカップ」でプレーしたシングルス4試合のすべてに勝ち、ドイツがスイスに対する決勝に勝ち上がる手助けをしたあと、続くここシドニーで5連勝し、今年の連勝記録を9に伸ばした。

 月曜日に開幕するオーストラリアン・オープンに向けて準備が加速する中、ケルバーはバーティを倒してキャリア11番目のタイトルを獲得する前に、すでにルーシー・サファロバ(チェコ)、第2シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)、元全豪準優勝者のドミニカ・チブルコバ(スロバキア)、カミラ・ジョルジ(イタリア)を倒していた。

「私はふたたび驚くべきテニスをプレーしている。ただただ、素晴らしい気分だわ」とケルバーは言った。「今年最初の公式戦で、今年最初のタイトルを獲ることができて、すごくいい気分よ」。

 ケルバーは2016年、全豪決勝でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を倒して自己初のグランドスラム・タイトルを獲得し、ウインブルドンでは準優勝、USオープンでは優勝を果たすという、ブレークの年を送った。彼女は同年9月に世界ランキング1位に至り、昨年のオーストラリアン・オープンでは第1シードだったが、そこで驚きの4回戦負けを喫し、年末にはランキングを21位にまで落としていた。

 2017年にはひとつもタイトルを獲ることができなかったあと、左利きのドイツ人、ケルバーは、今年の全豪を前に、ふたたび自信を感じている。

「私は素晴らしい1週間を送った。アシュに対する決勝は容易ではなかったけれど、私は重要な瞬間に、自分のテニスをプレーすることができた。自分が、私の2016年のレベルに近づきつつあると感じているわ」(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアンジェリック・ケルバー(ドイツ)
SYDNEY, AUSTRALIA - JANUARY 13: Angelique Kerber of Germany celebrates winning match point in her Women's Singles Final match against Ashleigh Barty of Australia during day seven of the 2018 Sydney International at Sydney Olympic Park Tennis Centre on January 13, 2018 in Sydney, Australia. (Photo by Mark Metcalfe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.