「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/予選1月10日~、本戦1月15~28日/ハードコート)の予選4日目は、男女シングルス2回戦残り試合が行われた。

 6人が出場した女子の日本人選手で唯一初戦を勝ち上がった今西美晴(島津製作所)は、室内コートで行われた2回戦でマリー・ボウズコバ(チェコ)に4-6 1-6で敗れた。試合時間は1時間17分。

 この試合は前日に行われる予定だったが、雨の影響で進行が遅れたため、翌日順延となっていた。

 ボウズコバは本戦入りをかけて、第16シードのビクトリア・クズモバ(スロバキア)と対戦する。クズモバは2回戦で、キャロライン・ドラハイド(アメリカ)を6-2 6-4で下しての勝ち上がり。

 予選5日目の14日(日)は、男女の予選決勝が予定されている。

 女子予選は96ドローで争われ、3回勝ち上がった12名が本戦への出場権を手にする。予選は13日(土)までの予定だったが、14日(日)にも試合が行われることになった。

予選4日目の試合結果(日本人選手)

WS-Q2R ●58今西美晴(島津製作所)4-6 1-6 ○60マリー・ボウズコバ(チェコ)

※名前の左に付いている数字はドロー番号

MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 09: Australian Open tennisn balls are seen during a practice session ahead of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 9, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Michael Dodge/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.