オーストラリア・タスマニア州ホバートで開催された「ホバート国際」(WTAインターナショナル/1月7~13日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第2シードのエリース・メルテンス(ベルギー)がミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)を6-1 4-6 6-3で下し、2年連続の優勝を決めた。

 メルテンスは、この大会でタイトル防衛に成功した初めてのチャンピオンとなった。一方のブザネスクはこの日、29歳にして初のWTAタイトルを獲らんと努めていた。

 試合は雨のために開始が遅れ、試合が始まってからも、2度長い中断があった。そのため、試合自体は2時間半でも、試合が始まってから終わるまでに7時間以上を要することになった。

 にもかかわらずメルテンスは、そのあとさらにダブルス決勝をプレーして勝つエネルギーまで見つけ出した。彼女はデミ・シヒュース(オランダ)と組んで第3シードとして臨んだダブルスで、第4シードのリューメラ・キッシャノック(ウクライナ)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)を6-2 6-2で破り、単複2冠を達成した。

「今日は本当によい日だったけど、本当に長い日でもあった」と、ダブルスのあとにメルテンスは言った。「でも、私にとっては驚くべき日だった。ものすごく長く待ったけど、もうまったく気にならないわ」。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はシングルス2連覇を果たしたエリース・メルテンス(ベルギー/左)と準優勝のミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)
HOBART, AUSTRALIA - JANUARY 13: Elise Mertens of Belgium and Mihaela Buzarnescu of Romania pose after their finals match during the 2018 Hobart International at Domain Tennis Centre on January 13, 2018 in Hobart, Australia. (Photo by Robert Cianflone/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.