「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、杉田祐一(三菱電機)はイボ・カルロビッチ(クロアチア)に6-7(3) 7-6(3) 5-7 6-4 10-12で敗れ、グランドスラムで初の3回戦進出はならなかった。試合時間は今大会ここまでの最長となる4時間33分だった。

 全豪に9年連続出場となった杉田は、2年ぶり2度目の本戦入り。昨年は予選2回戦で、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)に4-6 6-7(2)で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。杉田は今大会の1回戦で第8シードのジャック・ソック(アメリカ)を6-1 7-6(4) 5-7 6-3で破る金星で、大会初勝利を挙げていた。

 カルロビッチは3回戦で、アンドレアス・セッピ(イタリア)と対戦する。セッピは2回戦で、西岡良仁(ミキハウス)を6-1 6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真は杉田祐一(三菱電機)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 17: Yuichi Sugita of Japan plays a forehand in his second round match against Ivo Karlovic of Croatia on day three of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 17, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Pat Scala/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.