「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が
3-6 6-2 7-5でヤナ・ファット(クロアチア)に逆転勝利を収めた。

 第3セット1-5ダウンと追い込まれたウォズニアッキは2つのマッチポイントをしのぎ、6ゲーム連取で7-5と逆転。世界ランク119位でグランドスラムデビューとなったファットに経験の差を見せつけた。

「クレイジーな試合だった。どうやって形成を逆転できたのか、自分でもよくわからない」と語ったウォズニアッキ。2度グランドスラムの決勝を戦った経験があり、2011年のメルボルンではベスト4に進出した。その経験から、窮地に追い込まれても冷静さを保ったようだ。

「彼女は難しい相手だったし、失うものは何もなかったはず。でも、5-1でリードして、その状況を把握したときに彼女は少しだけスピードを緩めたの。“これはラストチャンスだ!”と思って、前に出て攻撃的に戦った」とウォズニアッキは第3セットのポイントになったシーンを振り返った。

 その直後からウォズニアッキは9連続ポイントを奪い、マッチポイント後は31ポイントのうち24ポイントを獲得。75分かかった最終セットは、初めてつかんだマッチポイントで、ファットがバックハンドをネットにかけて決着がついた。

 もしウォズニアッキがここで敗退していたら、ドローのボトムハーフは波乱だらけになっていただろう。すでに1回戦で昨年ファイナリストのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)、昨年のUSオープン女王のスローン・スティーブンス(アメリカ)、第10シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)が敗退していたからだ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は大逆転で2回戦を突破したウォズニアッキ
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 15: Caroline Wozniacki of Denmark plays a forehand in her first round match against Mihaela Buzarnescu of Romainia on day one of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 15, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.