「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の大会13日目、ジュニアの部の最終日は女子シングルス決勝が行われ 、第2シードのリャン・エンシュオ(台湾)がノーシードから勝ち上がってきたクララ・ブレル(フランス)を6-3 6-4で下して優勝を果たした。試合時間は1時間4分。

 ITF(国際テニス連盟)ジュニア世界ランク5位のリャンは、年間9大会開催されるジュニア最高峰となるグレードAの大会では今回が初の決勝進出だった。前週のトララルゴン(ITFグレード1/ハードコート)を制したリャンは、今季のシングルスでの連勝記録を12に伸ばした。

 今大会でのリャンは、1回戦でオリビア・ガデキ(オーストラリア)を3-6 6-3 7-6(3)で、2回戦で予選勝者の永田杏里(南山高等学校女子部)を6-2 6-1で、3回戦でカミラ・ラヒモワ(ロシア)を2-6 6-4 6-4で、準々決勝で第9シードのワン・シユ(中国)を6-4 4-6 6-3で、準決勝ではエリザベッタ・コッチアレット(イタリア)を4-6 6-3 7-6(5)で破って決勝進出を決めていた。

 リャンは、ワン・シンユー(中国)とのペアで第1シードとして出場しているダブルスでも決勝進出を決めており、単複2冠に王手をかけた。昨日から延期となった決勝では、第7シードのバイオレット・アピサー(パプアニューギニア)/ルル・サン(スイス)と対戦する。

ジュニア女子シングルス決勝

○64リャン・エンシュオ(台湾)[2] 6-3 6-4 ●29クララ・ブレル(フランス)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

※写真はジュニア女子シングルス優勝のリャン・エンシュオ(台湾)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 27: En Shuo Liang (L) of Taipei poses with the championship trophy after winning the Junior Girls' Singles Final against Clara Burel of France, posing with the runners-up trophy at the Australian Open 2018 Junior Championships at Melbourne Park on January 27, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.