デビスカップ・ワールドグループ1回戦「日本対イタリア」(2月2~4日/岩手県・盛岡タカヤアリーナ/室内ハードコート)の大会2日目はダブルス1試合が行われるが、出場選手の変更が発表された。

 日本は予定通り、マクラクラン勉(複36位)/内山靖崇(北日本物産:複122位)ペアで臨むが、イタリアはシモーネ・ボレッリ(複168位)のパートナーをパオロ・ロレンツィ(複82位)からファビオ・フォニーニ(複87位)に変更した。

 ボレッリとフォニーニのコンビはツアー3勝を挙げており、2015年にはオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でタイトルを獲得している。ダブルスの試合は13時開始予定。

テニスマガジン編集部

This article is a sponsored article by
''.