デビスカップ・ワールドグループ1回戦「フランス対オランダ」(2月2~4日/フランス・アルベールビル/室内ハードコート)のダブルスで、ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)がロビン・ハッサ/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)を7-6(6) 6-3 6-7(3) 7-6(2)で倒し、前年度覇者フランスが2勝1敗とリードを奪った。

 オランダ組が序盤に主導権を握るチャンスを擁していたこの厳しい試合で、フランスペアは最初のマッチポイントを逃さずつかんだ。

 第1セット第10ゲームで、エルベールは自分のサーブで3つのセットポイントを握ったが、ものにすることができなかった。その後、今度はオランダがタイブレークでセットポイントを手にしたが、エルベールのバックハンドボレーにハッサが対処しきれなかった瞬間、フランスがこのセットをものにした。

 日曜日には対戦相手を入れ替えたシングルスが行われ、アドリアン・マナリノ(フランス)がハッサと、リシャール・ガスケ(フランス)はティーモ・デ バッカー(オランダ)と対戦する。

 金曜日のシングルスでは、世界ランク25位のマナリノが同369位のデ バッカーに驚きの敗北を喫したあと、ガスケがハッサを倒して1勝1敗に持ち込んでいだ。

 フランスのヤニック・ノア監督は、今年のタイトル防衛の試みが終了したあと、デ杯監督の座から退くことになっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は昨年のATPツアー最終戦でのピエール ユーグ・エルベール(右)/ニコラ・マウ(フランス)
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 12: Pierre-Hughes Herbert and Nicolas Mahut of France celebrate a point against Jean-Julien Rojer of Netherlands and Horia Tecau of Romania in their first doubles round robin match during the Nitto ATP World Tour Finals at O2 Arena on November 12, 2017 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.