「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」(WTAプレミア/ロシア・サンクトペテルブルク/1月29日~2月4日/賞金総額79万9000ドル/室内ハードコート)のシングルス準決勝が行われ、第4シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)とペトラ・クビトバ(チェコ)が決勝に勝ち進んだ。

 ムラデノビッチが第8シードのダリア・カサキナ(ロシア)を3-6 6-3 6-2で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のクビトバは第5シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を7-5 4-6 6-2で下しての勝ち上がり。

 昨年の大会でシングルスでは初となるWTAツアー優勝を飾ったムラデノビッチは、2回戦で敗れた同年8月のワシントンDC(WTAインターナショナル/ハードコート)以降はシングルスでのマッチ勝利から遠ざかり、今大会まで15連敗を喫していた。

 ムラデノビッチは、前週終了したオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でティメア・バボス(ハンガリー)とのペアでダブルスに出場し、グランドスラムで2度目のタイトル獲得を果たしていた。

 ウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)を2度制している27歳のクビトバは、2016年12月に自宅で刃物を持った強盗に襲われ左手を負傷。昨年のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)で復帰を果たし、同年6月のバーミンガム(WTAプレミア/グラスコート)以来となるキャリア通算21勝目を目指している。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、クビトバが4勝1敗でリード。昨年はバーミンガムの準々決勝で対戦し、クビトバが6-4 7-6(5)で勝っている。

※写真はオーストラリアン・オープンでのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 16: Kristina Mladenovic of France plays a backhand in her first round match against Ana Bogdan of Romania on day two of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 16, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.