「フェドカップ(フェド杯)アジア・オセアニアグループ1部」(インド・ニューデリー/2月7~10日/ハードコート)の大会2日目は予選リーグの第2戦が行われ、ワールドグループ復帰を目指す日本はプールBの第2戦で韓国を3連勝で下し、決勝進出一番乗りを決めた。

 韓国戦で、S2は初日に続き奈良くるみ(安藤証券)が登場。立ち上がりはチョン・スナム(韓国)の鋭いストロークとサービスに苦しむが、「あのハイペースがずっと続くわけがない」と奈良は冷静に対処。わざと試合のペースを落とし、深いポジションをとる相手に対してドロップショットで走らせるなど、徐々に試合をコントロールし、6-3で第1セットを先取。

 第2セットになると、完全に奈良がゲームを支配。チョンのサービスゲームを3度ともラブゲームでブレークするなど、疲れで極端にプレーレベルの落ちた相手に怒涛の6ゲーム連取で一気に勝負を片付けた。「組み立ても状況判断もすごくうまくいった」という奈良。2戦とも大事な初戦をものにして「チームに勢いをつけられたかなと思う」と笑顔を見せた。

画像: チームメートとハイタッチでコートに送り出される奈良くるみ

チームメートとハイタッチでコートに送り出される奈良くるみ

 続くS1は日比野菜緒(LuLuLun)がハン・ナレ(韓国)に大苦戦。特に両手打ちの強烈なフォアの逆クロスに手を焼いた。日比野も時折ウィナーを奪うがいつも単発に終わり、なかなかポイントを重ねられない。第1セットは1ゲームしか取れず1-6で落とす。

 第2セットの立ち上がりは相手に簡単にキープされるのに対し、日比野のサービスゲームは2連続でデュースにもつれ、まだ相手ペースのままだった。2-2から日比野がキープして続くゲームでこの試合初めてのブレークに成功。だが、すぐにブレークバックされる。それでも徐々に日比野のショットが決まりはじめた。5-4からセットポイントをひとつ逃したが、タイブレークは忍耐強く相手のミスを誘う展開から7-2で制し、最終セットに持ち込んだ。

 最終セットを前にハンがメディカル・タイムアウトをとる。もともと痛めていた左太腿が悪化したようだった。ハンが負傷の影響で動きが落ちると、日比野は逃さずに畳み掛けて2ゲーム連取の好スタート。日比野は第1セットでことごとくネットしたドライブボレーもうまく決め、3-2から3ゲーム連取で日本に勝利をもたらした。

画像: ネットに出てポイントを奪いに行く加藤未唯(左)と二宮真琴

ネットに出てポイントを奪いに行く加藤未唯(左)と二宮真琴

 前日に続いてプレッシャーのない状況での試合となった、加藤未唯(佐川印刷)と二宮真琴(橋本総業ホールディングス)は後ろで組み立てて、前でポイントを取る理想的な形を何度もつくり、韓国ペアを圧倒。6-2 6-2のストレート勝ちで2日連続の3連勝を決めた。

 プールB最終戦の台湾戦は、明日午前10時(日本時間13時半)開始予定となる。日本のメンバーは明朝の選手たちのコンディションを見て土橋登志久監督が決断するという。

編集部◎池田晋

※トップ写真は2日連続で2連勝を飾った奈良くるみと日比野菜緒

This article is a sponsored article by
''.