2月9、10日に世界各地で開催される女子国別対抗戦、フェドカップ・ワールドグループ1回戦。

 ベラルーシ・ミンスクのチジョウカ・アリーナ(室内ハードコート)で行われる「ベラルーシ対ドイツ」のオープニングマッチ(第1シングルス)は、最新ランキングで世界63位のアリナ・サバレンカ(ベラルーシ)と58位のタチアナ・マリア(ドイツ)が対戦することになった。また、第2シングルスは46位のアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)と149位のアントニア・ロットナー(ドイツ)が顔を合わせる。

 2日目はリバース・シングルス(対戦相手を入れ替える)のあと、2勝2敗となれば、ダブルスが行われる。ダブルスにはベラルーシがベラ・ラプコとリディヤ・マロザバ、ドイツがアンナ レナ・フリードサムとアンナ レナ・グロエネフェルトをラインナップした。

 マリアのフェド杯出場は2011年以来7年ぶりの選出で、今回のドイツ・チームをけん引する役目となった。ドイツは、アンジェリック・ケルバー(9位)、ユリア・ゲルゲス(10位)、カリナ・ビットヘフト(52位)のトップ3を欠いた戦いで、さらにラウラ・シグムンド(69位)、アンドレア・ペトコビッチ(106位)も不在。これら5人は昨年のフェドカップをプレーした。

 ベラルーシはエース・サスノビッチとサバレンカがトップ2で、このふたりは昨年チームを決勝へと導き、そこでアメリカに2勝3敗で敗れた。

 初日の第1シングルスを戦うサバレンカとマリアは、昨年一度対戦してサバレンカが勝っている。また第2シングルスを戦うサスノビッチとロットナーは、2014年に対戦があり、そのときはロットナーが勝った。現在21歳のロットナーは今回がフェド杯デビュー戦で、大役を担う。

「私も大きく変わったけど、彼女も変わった」とサスノビッチは言い、「だからこの対戦は本当に楽しみ」。

 ドイツはロットナーと、ダブルスに出場予定の24歳フリードサムもこれがフェド杯デビュー戦となる。そして、ベラルーシとドイツはフェド杯初対戦だ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はベラルーシのエース、アリャクサンドラ・サスノビッチ(1月撮影)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 20: Aliaksandra Sasnovich of Belarus plays a backhand in her third round match against Caroline Garcia of France on day six of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 20, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.