「DIEMA XTRA ソフィア・オープン」(ATP250/ブルガリア・ソフィア/2月5~11日/賞金総額56万1345ユーロ/室内ハードコート)のシングルス準々決勝が行われ、第1シードのスタン・ワウリンカ(スイス)、マリウス・コピル(ルーマニア)、予選勝者のミルザ・バシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)とヨセフ・コバリク(スロバキア)の4人が準決勝に勝ち進んだ。

 ワウリンカが第6シードのビクトル・トロイツキ(セルビア)を6-1 7-6(3)で、コピルが第3シードのジル・ミュラー(ルクセンブルク)を6-4 6-4で、バシッチがマクシミリアン・マルテレル(ドイツ)を6-4 4-6 6-3で、コバリクはマルコス・バグダティス(キプロス)を7-6(2) 6-4で破っての勝ち上がり。

 準決勝では、ワウリンカがバシッチと、コピルはコバリクと対戦する。

※写真は昨年のインディアンウェルズの大会でのスタン・ワウリンカ(スイス)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 16: Stanislas Wawrinka of Switzerland plays a forehand against Dominic Thiem of Austria in their quarter final match during day eleven of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 16, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.