「フェドカップ(フェド杯)アジア・オセアニアグループ1部」(インド・ニューデリー/2月7~10日/ハードコート)の決勝でカザフスタンと対戦した日本が、第3試合のダブルスで加藤未唯(佐川印刷:複57位)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス:複38位)がザリナ・ディアス(複377位)/ユリア・プティンセバ(複778位)を6-4 7-5で倒し、ワールドグループ2部プレーオフ進出を決めた。試合時間は1時間25分。

 日本は第1試合で奈良くるみ(安藤証券:単102位)がザリナ・ディアス(単55位)を7-5 6-4で下して1勝目を挙げたが、続く第2試合のエース対決で日比野菜緒(LuLuLun:単90位)がユリア・プティンセバ(単81位)に3-6 4-6で敗れ、1勝1敗でダブルスを迎えていた。

 アジア・オセアニア1部で日本が優勝したのは、やはり決勝でカザフスタンを破った2015年以来となる。ワールドグループ(2部)復帰をかけたプレーオフは、4月21日と22日に行われる。

決勝:昇格プレーオフ

カザフスタン(プールA1位)1-2 日本(プールB1位)

S2 ●ザリナ・ディアス(単55位)5-7 4-6 ○奈良くるみ(安藤証券:単102位)
S1 ○ユリア・プティンセバ(単81位)6-3 6-4 ●日比野菜緒(LuLuLun:単90位)
D ●ディアス(複377位)/プティンセバ(複778位)4-6 5-7 ○加藤未唯(佐川印刷:複57位)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス:複38位)

※写真は日本の勝利を決めた加藤未唯(左)/二宮真琴
撮影◎テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.