女子テニスの世界国別対抗戦、フェドカップ・ワールドグループⅡ「オーストラリア対ウクライナ」(オーストラリア・キャンベラ/2月10、11日/グラスコート)の初日が終了し、15歳のマルタ・コスチュク(ウクライナ)がダリア・ガブリロワ(オーストラリア)を7-6(3) 6-3で倒して1勝1敗のタイに持ち込んだ。

 先のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で予選からスタートして本戦3回戦まで勝ち進んだコスチュクは、何度かブレークし合ったあとにもつれ込んだ第1セットのタイブレークでガブリロワを圧倒。第2セットではより自分のペースで試合を進め、最後はガブリロワのリターンがアウトとなり、コスチュクが試合をものにした。

 この試合に先立ち、この対戦のためにキャンベラ・テニス・センターに設置されたグラスコート上で、アシュリー・バーティ(オーストラリア)が世界ランク883位のリューメラ・キッシャノック(ウクライナ)を4-6 6-1 6-4で下してオーストラリアが先勝していた。

 ウクライナは、1月のオーストラリアン・オープン3回戦でコスチュクを倒した世界3位のエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)なしでこの対戦に臨んでいる。

 日曜日にプレーされる対戦相手を入れ替えたシングルスでは、まだ変更も可能だとはいえ、バーティがコスチュクと対戦し、ガブリロワはキッシャノックと対戦することになっている。

 ガブリロワはグラスコートで1試合をプレーした今、よりしっかり準備できた状態で2試合目のシングルスに臨めるだろうと言った。

「かなりナーバスになり、間違いなく私のベストのレベルでプレーしていなかった」とガブリロワは初日の試合を振り返った。

 ダブルスでは、バーティとケーシー・デラクア(オーストラリア)が、ナディヤ・キッシャノックとダーシャ・ロパテツカヤのウクライナペアとプレーする予定になっている。

 勝者は、最高レベルに当たるワールドグループ昇格をかけたプレーオフに進出することになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は15歳のマルタ・コスチュク(ウクライナ)
CANBERRA, AUSTRALIA - FEBRUARY 10: Marta Kostyuk of Ukraine celebrates winning match point in her singles match against Daria Gavrilova of Australia during the Fed Cup tie between Australia and the Ukraine at the Canberra Tennis Centre on February 10, 2018 in Canberra, Australia. (Photo by Matt King/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.