大会最終日にようやく日本がセンターコートデビュー! これまで3日間はインドの試合が行われていました

画像1: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

多くの荷物を積んだ三輪車もたくさん車道を走っています

画像2: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

今朝はナッツや乾燥麺のようなものが売っているのを見つけました

画像3: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

ストリンガーさんも毎日大忙し

画像4: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

センターコートの外でもチャパティ作りが行われています

画像5: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

センターコートは電光掲示板付きです

画像6: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

この機械で操作していました

画像7: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

2日前にあった、こういうミスは減ります

画像8: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

ランチの盛り付けが汚くてすみません。半分くらい食べてから撮り忘れてことに気づき、慌てて追加で盛ってから撮りました。しかも決勝戦でバタバタして、一気食い。手羽先の唐揚げあんかけ、野菜の甘酢あんかけ(甘くないですが)のようなものもありました。カッテージチーズは毎日登場

画像9: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

使用球はヨネックス

画像10: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

最後のプレーでグリップの先を腹に突き刺したプティンセバ選手は、苦痛にしばらく立ち上がれず、少し変わった形の幕切れとなりました

画像11: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

二宮選手!! 気づいてくれず……

画像12: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

毎試合、選手のドリンクにお互いメッセージを書き込んでいたそうです

画像: アマンプレート記者が「家族を紹介したいんだ」と言って会場に連れて来てました。オレンジ、緑、水色、黒ときて、明日は何色のターバンにするのでしょうか?

アマンプレート記者が「家族を紹介したいんだ」と言って会場に連れて来てました。オレンジ、緑、水色、黒ときて、明日は何色のターバンにするのでしょうか?

画像13: 編集部員Iのフェド杯インド日記Chapter5

閉会式の後、選手たちはサイン攻め、記念撮影攻めにあってました

This article is a sponsored article by
''.