「第32回テニス日本リーグ」の決勝トーナメント(2月9~11日/東京都渋谷区・東京体育館/室内カーペットコート)は最終日を迎え、男女の決勝と3位決定戦が行われた。

 男子決勝は第29回大会に続いてイカイ(レッドブロック1位)と三菱電機(ブルーブロック1位)の対戦となり、前回と同じく三菱電機がイカイを2勝1敗で下して2度目の優勝を果たした。

 3位決定戦では、前回4位のノア・インドアステージ(ブルーブロック3位)が同5位のレック興発(ブルーブロック2位)を2勝1敗で破っている。

 テニス日本リーグはシングルス2試合、ダブルス1試合の合計3試合(同一選手の単複重複不可)で争うチーム対抗戦。1stステージ(2017年12月7~10日)、2ndステージ(1月19~21日)で2つのブロックに分かれての総当たり戦を行い、男子上位8チーム、女子上位6チームが決勝トーナメントに進出し、優勝チームを決定する。

男子決勝

イカイ(レッドブロック1位)1-2 三菱電機(ブルーブロック1位)

S1 ●福田創楽 1-6 6-3 1-6 ○高橋悠介
S2 ●イム・ヨンギュ 1-6 6-3 5-7 ○仁木拓人
D ○清水悠太/羽澤慎治 6-1 6-4 ●駒田和也/黄賢人

男子3位決定戦

レック興発(ブルーブロック2位)1-2 ノア・インドアステージ(ブルーブロック3位)

S1 ○斉藤貴史 7-6(3) 7-5 ●大西賢
S2 ●中村祐樹 6-2 4-6 4-6 ○渡邉聖太
D ●佐藤一平/井原力 6-7(7) 3-6 ○吉備雄也/華谷宗

※写真は2度目の優勝を果たした三菱電機
撮影◎菅原淳/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.