「ニューヨーク・オープン」(アメリカ・ニューヨーク/2月12~18日/賞金総額74万8450ドル/室内ハードコート)に錦織圭(日清食品)が出場する。世界ランク27位(2月12日付)の錦織は第5シードとなり、初戦の対戦相手はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する地元ニューヨーク・ロングアイランド出身のノア・ルビン(アメリカ)に決まった。

 両者は今回が初対戦となる。2014年のウインブルドン・ジュニア優勝者で21歳のルビンは、1月にニューカレドニア(ATPチャレンジャー/7.5万ドル/ハードコート)でチャレンジャー大会3勝目を挙げている。

 昨シーズンを5位でスタートした錦織は、8月のシンシナティ(ATP1000/ハードコート)で大会前の練習中に右手首を負傷。残りのシーズンすべての大会出場を断念して回復に努め、3週間前のニューポートビーチ(ATPチャレンジャー/15万ドル/ハードコート)で公式戦に復帰。翌週のダラス(ATPチャレンジャー/12.5万ドル/室内ハードコート)で今季初タイトルを獲得した。今大会は錦織のATPツアー復帰戦となる。

 そのほかの日本勢は、マクラクラン勉(日本)がウーゴ・ニス(フランス)とのコンビでダブルスに出場しており、初戦の対戦相手はワイルドカードのダリアン・キング(バルバドス)/フランシス・ティアフォー(アメリカ)となっている。

 今大会の予選に第1シードで出場していたダニエル太郎(エイブル)は、初戦でワイルドカードのクリストファー・ユーバンクス(アメリカ)に5-7 3-6で敗れた。

 ニューヨーク・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

日本人選手予選結果

予選1回戦

●1ダニエル太郎(エイブル)[1] 5-7 3-6 ○2クリストファー・ユーバンクス(アメリカ)[WC]

上位出場選手シード順位(シングルス)

ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[1]
サム・クエリー(アメリカ)[2]
ジョン・イズナー(アメリカ)[3]
アドリアン・マナリノ(フランス)[4]

※写真は昨年のワシントンDCの大会での錦織圭(日清食品)
WASHINGTON, DC - AUGUST 01: Kei Nishikori of Japan competes against Donald Young of United States at William H.G. FitzGerald Tennis Center on August 1, 2017 in Washington, DC. (Photo by Tasos Katopodis/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.