アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されている「アルゼンチン・オープン」(ATP250/2月12~18日/賞金総額64万8180ドル/クレーコート)のシングルスで、第8シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)とガエル・モンフィス(フランス)が各々の1回戦を勝ち上がった。一方、オーストラリアン・オープン・ベスト4のカイル・エドマンド(イギリス)は、体調を崩して棄権した。

 ベルダスコは、チアゴ・モンテーロ(ブラジル)に6-2 7-5で勝ち、2回戦で地元選手のギド・ペラ(アルゼンチン)と対戦することになった。

 モンフィスは第7シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)を6-1 6-4で倒した。モンフィスの次の相手はドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)だ。

 エドマンドは喉の炎症のため、予定されていたロベルト・カルバレス バエナ(スペイン)に対する試合から棄権した。試合が始まる前の棄権だったため、彼の場所にはラッキールーザーのガスタン・エリアス(ポルトガル)が入り、エリアスはスタジアム2の最終試合でカルバレス バエナを6-2 6-4で下した。

 第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は1回戦がBYEで免除されていて、水曜日に初戦をプレーする予定になっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)、1月メルボルンで撮影
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 16: Fernando Verdasco of Spain plays a forehand in his first round match against Roberto Bautista Agut of Spain on day two of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 16, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Pat Scala/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.