ロジャー・フェデラー(スイス)がふたたびベリンダ・ベンチッチ(スイス)とチームを組み、今年末から来年初めにかけてオーストラリア・パースで開催される国別対抗戦の「ホップマンカップ」に出場することになった。

画像: 2017年大会に出場した際のロジャー・フェデラー(右)とベリンダ・ベンチッチ(左)のスイス・チーム PERTH, AUSTRALIA - JANUARY 02:  Belinda Bencic and Roger Federer of Switzerland celebrate winning the mixed doubles match against Heather Watson and Dan Evans of Great Britain on day two of the 2017 Hopman Cup at Perth Arena on January 2, 2017 in Perth, Australia.  (Photo by Paul Kane/Getty Images)

2017年大会に出場した際のロジャー・フェデラー(右)とベリンダ・ベンチッチ(左)のスイス・チーム
PERTH, AUSTRALIA - JANUARY 02: Belinda Bencic and Roger Federer of Switzerland celebrate winning the mixed doubles match against Heather Watson and Dan Evans of Great Britain on day two of the 2017 Hopman Cup at Perth Arena on January 2, 2017 in Perth, Australia. (Photo by Paul Kane/Getty Images)

  今季のフェデラーはホップマンカップのあと、彼にとって18番目と19番目のグランドスラム・タイトル(オーストラリアン・オープンとウインブルドン)を獲得した。
 
 グランドスラム優勝歴2回のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は、世界ランク4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とチームを組むと、大会主催者が水曜日に発表した。
 
 また今回、日本は、2001年の杉山愛と鈴木貴男以来、16年ぶりに出場することが決まった。日本代表は大坂なおみ(日清食品)と杉田祐一(三菱電機)のペアだ。

画像: 大坂なおみ(左)と杉田祐一(右)(写真◎Getty Images)

大坂なおみ(左)と杉田祐一(右)(写真◎Getty Images)

ホップマンカップ日本チーム出場歴

2001年 杉山愛、鈴木貴男
2000年 杉山愛、鈴木貴男
1993年 伊達公子、山本育史
1992年 伊達公子、山本育史
1989年 柳昌子、松岡修造

 地元オーストラリアからは、ダリア・ガブリロワとタナシ・コキナキスのペアが出場する。

 そのほかの顔ぶれは次の通り。アメリカ・チームがココ・バンダウェイとジャック・ソック、ロシアがスベトラーナ・クズネツォワとカレン・ハチャノフ、ベルギーがエリース・メルテンスとダビド・ゴファン、カナダがユージェニー・ブシャールとバセック・ポスピショル。

 ホップマンカップは、12月30日から翌年1月6日にパース・アリーナで開催される。

画像: ホップマンカップの会場、パース・アリーナ PERTH, AUSTRALIA - JANUARY 02: Belinda Bencic and Roger Federer of Switzerland celebrate winning the mixed doubles match against Heather Watson and Dan Evans of Great Britain on day two of the 2017 Hopman Cup at Perth Arena on January 2, 2017 in Perth, Australia. (Photo by Paul Kane/Getty Images)

ホップマンカップの会場、パース・アリーナ
PERTH, AUSTRALIA - JANUARY 02: Belinda Bencic and Roger Federer of Switzerland celebrate winning the mixed doubles match against Heather Watson and Dan Evans of Great Britain on day two of the 2017 Hopman Cup at Perth Arena on January 2, 2017 in Perth, Australia. (Photo by Paul Kane/Getty Images)

 各対戦は男子シングルス、女子シングルス、ミックスダブルスと3試合の構成で、先に2勝したチームの勝利。各4チームに分かれてラウンドロビン(総当たり戦)を行い、その後、1位の国同士が決勝を争う。(C)AP(テニスマガジン)


This article is a sponsored article by
''.