「楽天ジャパンオープン」(ATP500/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦10月2~8日/賞金総額156万3795ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、アドリアン・マナリノ(フランス)が第1シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6-7(5) 6-4 6-0で破り、ATPツアー通算4度目の決勝進出を果たした。試合時間は2時間42分。

 今大会に初出場となるマナリノは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)の添田豪(GODAI)を7-5 7-6(3)で、2回戦でイリ・ベセリ(チェコ)を6-3 6-2で、準々決勝では杉田祐一(三菱電機)を6-2 6-4で下して4強入りを決めていた。

 この結果でマナリノは、チリッチとの3度目の対戦で初勝利を挙げた。前回の対戦は2015年6月のロンドン(ATP500/グラスコート)の1回戦で、チリッチが7-6(3) 3-6 6-2で勝っていた。

 マナリノはツアー初優勝をかけて、第4シードのゴファンと対戦する。ゴファンは準決勝で、第8シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を7-6(3) 7-6(6)で下しての勝ち上がり。

画像: シングルス準決勝で第1シードのマリン・チリッチを破ったアドリアン・マナリノ(写真◎井出秀人)

シングルス準決勝で第1シードのマリン・チリッチを破ったアドリアン・マナリノ(写真◎井出秀人)


This article is a sponsored article by
''.