初めまして。フェローズスポーツの古川禎己(ふるかわ・さだみ)と申します。今後、フェローズスタッフ近藤勝己、羽田善貴、根本秀明、大岡広明とともに5名でブログ記事を更新していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

画像: 左から古川、近藤、羽田、根本、大岡です。どうぞよろしくお願いいたします!

左から古川、近藤、羽田、根本、大岡です。どうぞよろしくお願いいたします!

初めに、すでにテニスマガジン記事や紹介ブログにもありましたように、2017年1月に私ども『fellows SPORTS』施設内に『上達屋 浦安工房-fellows-』(上達屋直営工房)がオープンしました。

それに先立ち、私たちフェローズスタッフは上達屋認定資格「パフォーマンス・コーディネーター」の資格習得のため、上達屋代表の手塚一志さんのもと研修を受けてきました。

年始から始めましたから、すでに10ヵ月が経過しています。その様子は今後、紹介していきたいと思っていますが、とにかく、笑いあり、涙あり、涙あり、涙あり…の連続でした。本当です。

やるべきことは納得していても、(50歳を間近に控えた私の)身体が動かないんです、頭もついていかなくなってしまいました。

一つの体操(アスリート体操)は1回10秒までという“超・短時間”であるべきところ、夢中になりすぎて1分も2分も、腕を、足を回し続ける始末。

そんなスタートでしたが…今ではこんな感じです。

どうです! しなやかな動きでしょう!! 1日10秒×3セット行い、1ヵ月もすればこの通りです。

私も研修を通じて、アスリート体操をやり続けていくとテニスに良い効果があることを、あるときから実感し始め、そうすると、テニスをやりたい!やりたい!やりたい!という気持ちになるんです。

みなさんにも、このアスリート体操を知ってもらい、取り組んでもらい、そして変化と効果を感じてもらいたい。私たちコーチ陣が受講したパフォーマンス・コーディネーターのための研修や、アスリート体操に取り組む中での出来事、そして生徒さんを指導するにあたってのアスリート体操の導入法、指導法(個人指導やグループ指導など)、そこで見つけた課題などを綴っていきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

11月のテニマガ・テニス部はフェローズスポーツ(千葉県浦安市)で開催

さっそくですが、第48回テニマガ・テニス部の部活がフェローズスポーツで開催されることになりました。11月23日(木・祝)の9時から13時まで。テーマは、テニスマガジン11月号に掲載されている『〈慣性力〉はこう使え! ダブルスピン打法』です。上達屋とフェローズスポーツのコラボ企画で、画期的かつ、わかりやすい、そして楽しい部活にします! スタッフ一同、みなさまの参加をお待ちしております!!  ちなみに、このブログメンバー5名は全員参加いたします。

(フェローズスポーツ◎古川禎己)


This article is a sponsored article by
''.