「香港テニス・オープン」(WTAインターナショナル/中国・香港/10月9~15日/賞金総額50万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝が行われ、第6シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と第7シードのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)が決勝に勝ち進んだ。

 パブリウチェンコワがワン・チャン(中国)を6-3 6-4で、ガブリロワはジェニファー・ブレイディ(アメリカ)を6-0 7-5で下しての勝ち上がり。

 決勝で対戦する両者は、昨年10月にモスクワ(WTAプレミア/室内ハードコート)の準々決勝で初対戦しており、ガブリロワが7-5 4-6 6-3で勝っている。

 今シーズンのパブリウチェンコワは、4月のモンテレイ(WTAインターナショナル/ハードコート)と5月のラバト(WTAインターナショナル/クレーコート)でタイトルを獲得しており、3週間前の東京(WTAプレミア/ハードコート)に続く今季4度目の決勝に臨む。

 ガブリロワは今季3度目の決勝で、WTAツアー初優勝を飾った8月のニューヘブン(WTAプレミア/ハードコート)に続くタイトル獲得を目指している。

画像: 写真は東レPPOでのアナスタシア・パブリウチェンコワ TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 22: Anastasia Pavlyuchenkova of Russia celebrate winning quarter final match against Babora Strycova of Czech Republic during day five of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 22, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

写真は東レPPOでのアナスタシア・パブリウチェンコワ
TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 22: Anastasia Pavlyuchenkova of Russia celebrate winning quarter final match against Babora Strycova of Czech Republic during day five of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 22, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.