「BRIDGESTONE TECNIFIBRE TOUR2017 山梨北杜オープン12月」(山梨県北杜市・Club Verde/本戦12月5~10日/賞金総額:100万円/クレーコート)が開催され、シングルス決勝は第14シードの髙田航輝(佐鳴台ローンテニスクラブ)がワイルドカード(主催者推薦枠)の熊坂拓哉(亜細亜大学)を6-2 6-2で下して優勝を飾った。

 ダブルス決勝は、第6シードの後藤翔太郎(三重GTC)/福田勝志(ASIA PARTNERSHIP FUND)がノーシードから勝ち上がってきた呉岡拓弥/高見沢岳飛(ともに亜細亜大学)を6-3 6-1で倒してタイトルを獲得した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

シングルス決勝

○24髙田航輝(佐鳴台ローンテニスクラブ)[14] 6-2 6-2 ●60熊坂拓哉(亜細亜大学)[WC]

シングルス準決勝

○24髙田航輝(佐鳴台ローンテニスクラブ)[14] 5-7 7-5 6-1 ●5鈴木保貴(法政大学)

○60熊坂拓哉(亜細亜大学)[WC] 7-6(7) 6-2 ●33金城充(三友スポーツマネジメント)[7]

シングルス準々決勝

○5鈴木保貴(法政大学)6-3 6-3 ●14前﨑直哉(法政大学)

○24髙田航輝(佐鳴台ローンテニスクラブ)[14] 7-6(1) 6-0 ●27後藤翔太郎(三重GTC)

○33金城充(三友スポーツマネジメント)[7] 7-5 7-5 ●48福田勝志(ASIA PARTNERSHIP FUND)[3]

○60熊坂拓哉(亜細亜大学)[WC] 6-3 3-6 6-3 ●50高見沢岳飛(亜細亜大学)

ダブルス決勝

○16後藤翔太郎/福田勝志(三重GTC/ASIA PARTNERSHIP FUND)[6] 6-3 6-1 ●21呉岡拓弥/高見沢岳飛(亜細亜大学)

ダブルス準決勝

○16後藤翔太郎/福田勝志(三重GTC/ASIA PARTNERSHIP FUND)[6] 6-4 3-6 [10-7] ●4前﨑直哉/川橋勇太(法政大学/筑波大学)

○21呉岡拓弥/高見沢岳飛(亜細亜大学)6-3 2-6 [10-8] ●25髙田航輝/小倉孝介(佐鳴台ローンテニスクラブ/早稲田大学)[5]

画像: 下段がダブルス優勝の後藤翔太郎(右)/福田勝志、上段が準優勝の呉岡拓弥(左)/高見沢岳飛

下段がダブルス優勝の後藤翔太郎(右)/福田勝志、上段が準優勝の呉岡拓弥(左)/高見沢岳飛

※トップ写真はシングルス優勝の髙田航輝(佐鳴台ローンテニスクラブ/左)と準優勝の熊坂拓哉(亜細亜大学/右)
写真提供◎スポーツサンライズ


This article is a sponsored article by
''.