ITF(国際テニス連盟)の女子2.5万ドル大会「City of Playford Tennis International」(オーストラリア・プレイフォード/1月1~7日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)のダブルス決勝で、第4シードの波形純理(伊予銀行)/瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)は第1シードのダリラ・ヤクポビッチ(スロベニア)/イリーナ・クロマキワ(ロシア)に6-2 5-7 [5-10]で敗れた。試合時間は1時間27分。

 今大会での波形/瀬間は、1回戦で予選勝者のイザベラ・ボジチェビッチ/イバナ・ポポビッチ(ともにオーストラリア)を6-4 6-0で、準々決勝でアラナ・パーナビー/アリシア・スミス(ともにオーストラリア)を7-6(1) 6-4で、準決勝では第2シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)/ローラ・ロブソン(イギリス)を6-2 6-1で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスの日本勢は、波形、瀬間、江口実沙(橋本総業ホールディングス)の3人が出場。波形と瀬間が1回戦で、江口は2回戦で敗れ、上位進出はならなかった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス2回戦

●5江口実沙(橋本総業ホールディングス)7-6(7) 6-7(4) 3-6 ○8マリー・ブーズコバ(チェコ)[6]

シングルス1回戦

●12波形純理(伊予銀行)1-6 2-6 ○11ゾーイ・ハイブス(オーストラリア)

●6瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)6-7(6) 6-3 5-7 ○5江口実沙(橋本総業ホールディングス)

ダブルス決勝

●12波形純理/瀬間詠里花(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)[4] 6-2 5-7 [5-10] ○1ダリラ・ヤクポビッチ/イリーナ・クロマキワ(スロベニア/ロシア)[1]

ダブルス準決勝

○12波形純理/瀬間詠里花(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)[4] 6-2 6-1 ●16ビアンカ・アンドレスク/ローラ・ロブソン(カナダ/イギリス)[2]

ダブルス準々決勝

○12波形純理/瀬間詠里花(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)[4] 7-6(1) 6-4 ●9アラナ・パーナビー/アリシア・スミス(オーストラリア)

ダブルス1回戦

○12波形純理/瀬間詠里花(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)[4] 6-4 6-0 ●11イザベラ・ボジチェビッチ/イバナ・ポポビッチ(オーストラリア)[Q]

●15江口実沙/ジェシカ・ポンシェ(橋本総業ホールディングス/フランス)0-6 5-7 ○16ビアンカ・アンドレスク/ローラ・ロブソン(カナダ/イギリス)[2]

※写真は昨年のオーストラリアン・オープンでの波形純理(伊予銀行)
撮影◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.