「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、奈良くるみ(安藤証券)はマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)に5-7 4-6で敗れた。試合時間は1時間37分。

 全豪に5年連続出場となった奈良は、初の本戦入りを果たした2014年に自己最高の3回戦に進出。昨年は1回戦で、シュテファニー・フェーゲレ(スイス)に6-2 2-6 3-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。2015年5月にジュニア世界ランク1位となったこともある18歳のボンドルソバは、同年の全豪ジュニアと全仏ジュニアのダブルスでタイトルを獲得している。昨年4月には、スイス・ビール(WTAインターナショナル/室内ハードコート)でWTAツアー初優勝を飾った。

 ボンドルソバは2回戦で、第8シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)と対戦する。ガルシアは1回戦で、カリナ・ビットヘフト(ドイツ)を7-5 6-3で下しての勝ち上がり。

※写真は奈良くるみ(安藤証券)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 16: Kurumi Nara of Japan plays a forehand in her first round match against Marketa Vondrousova of the Czech Republic on day two of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 16, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.