東レ パン・パシフィック・オープン・テニス実行委員会は、今年で第35回目を迎える国内最大の国際女子テニストーナメント「東レ パン・パシフィック・オープン・テニス・トーナメント
2018」(略称◎東レPPO/WTAプレミア)を東京都立川市の「アリーナ立川立飛(たちかわたちひ)」にて、9月15日(土)~23日(日)の日程で開催すると発表した。

 東レPPOは1984年にスタートして以来、時代を象徴する世界の女子テニスのスーパースターたちが熱戦を繰り広げる大会として、日本のテニスファンを魅了してきた。

 第25回大会(2008年)より有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コートを会場に開催してきたが、2020年東京五輪を前に同会場が改装工事に入ったため、今年の大会はアリーナ立川立飛に移して開催することになった。

 アリーナ立川立飛は2017年10月にオープンした本格的なアリーナ施設。今回の会場使用にともない、アリーナ内にはハード・サーフェスのテニスコートを設置する。そのほか大会期間中には、来場者および近隣の方々が楽しめるような様々なイベント開催も予定されている。

画像: 施設内

施設内

アリーナ立川立飛
住所◎〒190-0015東京都立川市泉町500番4
アクセス◎多摩モノレール「立飛駅」から徒歩約1分

This article is a sponsored article by
''.