オーストラリア・メルボルンで開催されている「オーストラリアン・オープン」(1月15~28日/ハードコート)の大会11日目。

 後悔はない。それは、2度目のタイトルを目指したアンジェリック・ケルバー(ドイツ)の、シンプルな要約だった。

 ケルバーが見せた競争力は、白熱したその準決勝で第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)に3-6 6-4 7-9で敗れたあとの沈み込む気持ちを、和らげるさえするものだった。

 2016年優勝者のケルバーは、試合に負けはしなかった。彼女は、自分をもう少しで土曜日の決勝に送りだすところだった勇気溢れるカムバックのあと、ハレプに勝つことを強いたのだ。

 何より、1セット目を落とし、先にブレークを許しながらの挽回劇は、ランキング下位の選手相手に行われたものではなかった。これは、戦いをコントロール下においていた様子の『世界1位』に対する、大規模な反撃だったのである。

「私のハートはコート上にあった。それが、私にとってもっとも重要なことだった」とケルバーは言った。

「もちろん、少し悲しいけれど、私はよいフィーリングを胸に家に帰るわ」

 第2セットで1-3と後手をとっていたケルバーは、続く6ゲームのうち5つを取って、6-4でセットを取り返した。

 第3セットでハレプが5-3からサービスゲームに入ったときですら、ケルバーは諦めることを拒否した。彼女は長いラリーとクリエイティブなショットの応酬のある激しい打ち合いとなった第10ゲームで、ふたつのマッチポイントを凌いだ。

 何とか生き続けようするケルバーの熱意はすさまじく、彼女は最終的に、自分のサービスゲームであった22回のブレークポイントのうち、13ポイントをセーブした。彼女は、第3セットでの3度を含め、つかんだ7度のブレークチャンスのすべてにつけこみ、プレッシャーをかけ続けた。

 ケルバーは、6-5からの自分のサービスゲームでふたつのマッチポイントを無駄にしたことを悔やんだかもしれないが、反面2017年のスランプから完全に抜け出し、正しい軌道に戻ったように見える。2017年、彼女はシングルスで一度しか決勝に至ることができず、世界ランク1位から21位にまですべり落ちていた。

 これらのマッチポイントについて、ケルバーは、「彼女(ハレプ)がいいプレーをしたから、私には何もできなかった。私はそのときにできるベストを尽くしけれど、彼女がそれらのポイントを取ったのよ」と話していた。

 これは、ケルバーが今月のオーストラリアで刻んだ14連勝のあとにきた、今年初めてのシングルスでの敗戦だった。彼女はパースでの「ホップマンカップ」(男女混合国別対抗戦)の女子シングルスで4勝し、そのあとシドニー国際優勝への道のりで5勝を挙げ、それからメルボルンのベスト4に進出する過程でさらに5勝を重ねた。

 マリア・シャラポワ(ロシア)が3回戦で負けたあと、ケルバーは女子のドローの中に勝ち残っていた最後のグランドスラム大会優勝経験者だった。

「今振り返ってみて、もし誰かが、私がこうも多くの試合に勝って、オーストラリアでタイトルを勝ち獲り、ここメルボルンで準決勝に至ると言ったなら…私はここ数週間から、これらすべてのポジティブな点を取り、この先を楽しみにし続けるわ」とケルバーは言った。

「私は多くの観客たちの前で、ビッグマッチをプレーすることができる。そして私の心はそこにあり、私はすべての瞬間を楽しんでいる」(C)AP(テニスマガジン)

※写真は準決勝で対戦したアンジェリック・ケルバー(ドイツ/右)とシモナ・ハレプ(ルーマニア)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 25: Simona Halep (L) of Romania is congratulated by Angelique Kerber of Germany after Halep won their semi-final match on day 11 of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 25, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.