7度のグランドスラム優勝を誇るイボンヌ・グーラゴング(オーストラリア)が、オーストラリア政府から彼女のアボリジニーを支援する財団の活動について表彰されることが決まった。

「テニス・オーストラリア」によると、グーラゴングは「オーストラリア・デイ表彰」の一般部門の表彰リストに上がっているようだ。1月27日(土)の夜、オーストラリアン・オープン女子シングルス決勝の前にロッド・レーバー・アリーナにおいて、ピーター・コスグローブ総督から表彰される。

 グーラゴングと夫のロジャーは、クイーンズランド州のブリスベンの北にあるイボンヌ・グーラゴング財団を運営している。そこでは国内全土で20年間、テニスを通してアボリジニーの子供たちの健康、教育、雇用を支援してきた。

 グーラゴングは「私がコートの上で自分の夢をかなえることができたので、次は若い人たちが彼らの夢をかなえる手助けができたらと思い、ベストを尽くしてきた」と語った。

 グーラゴングは1971年と76年に世界ナンバーワンとなり、92大会でタイトルを獲得。その中にはウインブルドン2回、フレンチ・オープン1回、オーストラリアン・オープン4回の優勝が含まれている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は昨年のオーストラリアン・オープンのパーティーで女子シングルスの優勝トロフィーを持つイボンヌ・グーラゴング(オーストラリア)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 26: Evonne Goolagong Cawley arrives with the Daphne Akhurst Memorial Cup to the Celebration of Inspirational Women brunch during day eleven of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 26, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Vince Caligiuri/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.