「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の大会12日目、ジュニアの部の本戦7日目は男子ダブルス決勝が行われ 、第7シードのウーゴ・ガストン/クレメン・タブール(ともにフランス)がルドルフ・モルカー/ヘンリー・スクワイア(ともにドイツ)を6-2 6-2で下し、ともにグランドスラム・ジュニア初優勝を果たした。試合時間は41分。

 今大会でのガストン/タブールは、1回戦でイェスパー・デ ヨング(オランダ)/ヤンキ・エレル(トルコ)を6-3 6-3で、2回戦でヴォイチェフ・マレク(ポーランド)/ツェン・チュンシン(台湾)を6-4 6-2で、準々決勝で第2シードのセバスチャン・コルダ(アメリカ)/ニコラス・メヒア(コロンビア)を6-3 6-4で、準決勝では第6シードのトマーシュ・マチャク/オンドレイ・スティーラ(ともにチェコ)を6-4 7-6(5)で破って決勝進出を決めていた。

 昨年12月にITF(国際テニス連盟)ジュニア最高グレードのオレンジ・ボウル(アメリカ・フロリダ州プランテーション/クレーコート)を制したガストンは、シングルスに第5シードで出場していたが、準々決勝で第2シードのマルコ・ミラディノビッチ(セルビア)に6-4 3-6 5-7で敗退。タブールは1回戦で第7シードのセバスチャン・コルダ(アメリカ)と対戦し、5-7 3-6で敗れていた。

 シングルス準決勝も行われ、男子が第6シードのツェンと第7シードのコルダ、女子は第2シードのリャン・エンシュオ(台湾)とクララ・ブレル(フランス)が決勝に勝ち進んでいる。

 女子ダブルス決勝も行われる予定だったが、雨の影響で中止となり、翌日に延期された。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Altは繰り上がり出場

ジュニア男子シングルス準決勝

○16ツェン・チュンシン(台湾)[6] 6-3 5-7 6-4 ●19エイダン・マクヒュー(イギリス)

○33セバスチャン・コルダ(アメリカ)[7] 7-5 5-7 6-4 ●64マルコ・ミラディノビッチ(セルビア)[2]

ジュニア女子シングルス準決勝

○29クララ・ブレル(フランス)2-6 6-1 6-0 ●1ワン・シンユー(中国)[1]

○64リャン・エンシュオ(台湾)[2] 4-6 6-3 7-6(5) ●35エリザベッタ・コッチアレット(イタリア)

ジュニア男子ダブルス決勝

○25ウーゴ・ガストン/クレメン・タブール(フランス)[7] 6-2 6-2 ●8ルドルフ・モルカー/ヘンリー・スクワイア(ドイツ)[Alt]

ジュニア女子ダブルス決勝

1リャン・エンシュオ/ワン・シンユー(台湾/中国)[1] 中止 17バイオレット・アピサー/ルル・サン(パプアニューギニア/スイス)[7]

※写真はウーゴ・ガストン(右)/クレメン・タブール(ともにフランス)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 26: Clement Tabur (L) of France and Hugo Gaston of France compete in the boy's doubles final against Rudolf Molleker of Germany and Henri Squire of Germany during the Australian Open 2018 Junior Championships at Melbourne Park on January 26, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.