「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の女子シングルス決勝で、第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を7-6(2) 3-6 6-4で破り、グランドスラム初優勝を果たした。試合時間は2時間50分。

 全豪に11年連続出場となった27歳のウォズニアッキは、2011年のベスト4がこれまでの最高成績だった。昨年は3回戦で、ジョハナ・コンタ(イギリス)に3-6 1-6で敗れていた。昨年10月のWTAツアー最終戦(シンガポール/室内ハードコート)では、キャリア最大のタイトルを獲得していた。

 この結果でウォズニアッキは、ハレプとの対戦成績を5勝2敗とした。昨年は2度対戦しており、6月のイーストボーン(WTAプレミア/グラスコート)の準々決勝は5-7 6-4 6-1で、10月のWTAツアー最終戦(シンガポール/室内ハードコート)のラウンドロビンでは6-0 6-2で、いずれもウォズニアッキが勝っていた。

 今大会でのウォズニアッキは、1回戦でミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)を6-2 6-3で、2回戦でヤナ・ファット(クロアチア)を3-6 6-2 7-5で、3回戦で第30シードのキキ・バーテンズ(オランダ)を6-4 6-3で、4回戦で第19シードのマグダレナ・リバリコバ(スロバキア)を6-3 6-0で、準々決勝でカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を6-0 6-7(3) 6-2で、準決勝ではノーシードから勝ち上がってきたエリース・メルテンス(ベルギー)を6-3 7-6(2)で下して決勝進出を決めていた。

 両者はともに、今回が3度目のグランドスラム決勝の舞台だった。ハレプが2014年と昨年のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)で、ウォズニアッキは2009年と14年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で決勝進出を果たしたが、いずれも敗れていた。

 準優勝に終わったハレプは世界ランク1位の座を失い、翌週には6年ぶりにウォズニアッキが世界ナンバーワンに返り咲くことが決まった。

※写真はグランドスラム初優勝を果たしたカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 27: Caroline Wozniacki of Denmark celebrates winning championship point in her women's singles final against Simona Halep of Romania on day 13 of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 27, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.