「台湾オープン」(WTAインターナショナル/台湾・台北/1月29日~2月4日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、日比野菜緒(LuLuLun)が2011年USオープン優勝者で第3シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を7-6(6) 6-2で破り、今季のシングルス初勝利を挙げた。試合時間は1時間31分。

 今大会に2年連続出場となる日比野は、初出場だった昨年の大会では初戦で土居美咲(ミキハウス)に2-6 6-2 4-6で敗退。ジャン・カイリン(中国)とのダブルスで4強入りを果たしていた。

 この結果で日比野は、ストーサーとの対戦成績を2勝0敗とした。両者は2016年10月に香港(WTAインターナショナル/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、日比野が6-3 6-4で勝っていた。

 日比野は2回戦で、サビーネ・リシツキ(ドイツ)とジャン・ユーシャン(中国)の勝者と対戦する。

 オクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)とのペアでダブルスにもエントリーしている日比野は、ザリナ・ディアス/ユリア・プティンセバ(ともにカザフスタン)との初戦を控えている。

※写真は昨年のUSオープンでの日比野菜緒(LuLuLun)
撮影◎毛受亮介/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.