オランダ・ロッテルダムで開催されている「ABN AMRO ワールド・テニス」(ATP500/2月12~18日/賞金総額199万6245ドル/室内ハードコート)のシングルス準々決勝で、ロジャー・フェデラー(スイス)はロビン・ハッサ(オランダ)を4-6 6-1 6-1で倒した。そしてその勝利は、フェデラーが男女を通してもっとも年齢の高い世界1位になる、ということを意味していた。彼は週が明けたとき、33歳と133日で世界1位となったアンドレ・アガシ(アメリカ)が保持していた男子の最年長記録を破ることになる。

 フェデラーは、5年余りのブランクを経て世界ランキングの頂点に返り咲き、36歳でもっとも年齢の高いナンバーワンとなることにより、年齢をものともしないそのキャリアに、もうひとつの高みを加えた。

「僕にとって、なんて素晴らしい進撃、なんて素晴らしい旅だったのだろう…今こうして世界1位の座をつかめるとは」

 トップへの軌道に乗るためにここ5つのグランドスラム大会のうち3つで優勝したフェデラーは、感慨深げにこう言った。

「世界1位に至り、そのことを36歳、ほとんど37歳にして、ここで楽しむことができるとは、まさに夢の実現だ。本当に信じられない…」

 来たる月曜日に世界ランキングが更新されるとき、フェデラーは31歳のラファエル・ナダル(スペイン)を追い抜き、世界ナンバーワンに返り咲くことになる。

 フェデラーが最後にナンバーワンだったときから5年以上が経ち、また彼が最初に頂点に立った日から14年が経過していたという点でも、これは記録だった。

「これ(今回世界1位になったこと)は、僕がより歳を取っているがゆえに、たぶん少し余計に特別だ。なぜって、本当の多くの努力をつぎ込まなければならなかった。ことが機能するようにするために、本当に大きなことを適切に行わなければならなかったから。それだけに、深い喜び、満足感がある」

 月曜日になれば、彼は1973年に現在のランキング・システムが始まって以来、世界1位で過ごした期間の最長記録である302週を、さらに更新することになる。

 グランドスラム14勝を挙げたピート・サンプラス(アメリカ)はかなり距離をおいての2位で、286週を首位で過ごした。まだ現役の選手の中でこれにもっとも近いのは、223週を1位で過ごしたノバク・ジョコビッチ(セルビア)だ。

「世界1位の座に至ることは、もしそれがこのスポーツの究極ではなかったとしても、非常に重要な成就のひとつだ」とフェデラーは言った。

「最初はただ非常にいいプレーをしているがゆえに、そこに至る。ときには、懸命に戦ってその座に戻ろうと努め、また別のときには、やはりそこにいるに値するほかの誰かから、それを力づくで奪い返そうとする。そして歳を取ると、そうするために2倍の努力をつぎ込まなければならないように感じる。だから今回のこれは、たぶん僕のキャリアで、もっとも大きな意味を持つものなんだ」

 2005年と2012年に今大会で優勝しているフェデラーは、土曜日の準決勝でアンドレアス・セッピ(イタリア)と対戦する。セッピはこの日の最後の試合で、ダニール・メドベデフ(ロシア)を7-6(4) 4-6 6-3で下して勝ち上がった。

 フェデラーは、1月のオーストラリアン・オープンで優勝して20度目のグランドスラム・タイトル獲得を果たし、ランキング首位の座にぐっと近づいた。彼は、もともとはロッテルダムでのプレーを予定していなかったが、世界1位の座を取り戻せるかもしれないということが明らかになったとき、ワイルドカード(主催者推薦枠)のオファーを受け入れた。ナダルは全豪の準々決勝を故障で棄権して以来、大会に出場していない。

 とはいえハッサはこの夜、フェデラーの行く道をなだらかにする気などないところをはっきり示してみせ、第1セットの第9ゲームでブレークを果たすと、最後はエースによって6-4でセットを先取した。

 しかし、フェデラーはそこからギアを上げ、第2セットでは11ポイントを連取して、いきなり3-0とリード。相手を圧倒し、6-1でセットを取り返した。

 それからフェデラーは第3セットの序盤に2度ハッサのサービスゲームをブレークして3-0とし、勝利に向かって突き進んだ。

 この試合に先立ち、第2シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)はアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を6-3 6-4で破り、やはり準決勝に進出を決めた。彼はそこで、2017年大会準優勝者のダビド・ゴファン(ベルギー)と対戦する。第4シードのゴファンは、準々決勝の相手だった第6シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)が体調不良で棄権したため、戦わずしてベスト4に駒を進めた。

 フェデラーのここまでのロッテルダムでの成功は、1日4時間も現在韓国・平昌で進行中の冬季オリンピックのハイライトを見ているにも関わらず、実現した。

「僕はスイス(冬季五輪)代表の、一番のチアリーダーみたいなものだよ」と彼は言った。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はロジャー・フェデラー(スイス)
ROTTERDAM, NETHERLANDS - FEBRUARY 16: ABN Amro WTT Roger Federer just conquers the worlds Nr 1 position during the ABN Amro World Tennis Tournament at the Rotterdam Ahoy on February 16, 2018 in Rotterdam Netherlands (Photo by Jan Kok/Soccrates/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.