アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されている「アルゼンチン・オープン」(ATP250/2月12~18日/賞金総額64万8180ドル/クレーコート)のシングルス準決勝で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)がガエル・モンフィス(フランス)を6-2 6-1で下し、決勝でアルヤズ・べデネ(スロベニア)と対戦することになった。

 べデネは地元の人気者、フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)を6-4 2-6 6-1で退けた。

 世界6位のティームもまた、この大会の決勝までの道のりで、ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)、ギド・ペラ(アルゼンチン)らの地元選手たちを倒してきた。28歳のべデネは、イリ・ベセリ(チェコ)、第3シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、そして第5シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)との対戦を潜り抜けてきた。

 ティームは、べデネに対する過去2対戦(ツアーレベル)の双方に勝っている。最後の対戦は、1月3日のドーハ(ATP250/ハードコート)でのことだった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はドミニク・ティーム(オーストリア)
BUENOS AIRES, ARGENTINA - FEBRUARY 17: Dominic Thiem of Austria takes a backhand shot during a semifinal match against Gael Monfils of France as part of ATP Argentina Open at Buenos Aires Lawn Tennis Club on February 17, 2018 in Buenos Aires, Argentina. (Photo by Marcelo Endelli/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.