フランス・マルセイユで開催されている「オープン13 プロバンス」(ATP250/2月19~25日/賞金総額71万8810ユーロ/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、第7シードのダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)が4つのマッチポイントを逃れた末に、ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を6-7(6) 7-6(3) 6-1で倒した。

 ジュムホールは2回戦で、トーマス・ファビアーノ(イタリア)と対戦する。ファビアーノはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した17歳のフェリックス・オーガー アリアシム(カナダ)を6-3 6-4で下した。

 ジュリアン・ベネトー(フランス)もまたストレート勝ちをおさめたが、2010年大会優勝者の彼は、2回戦で第5シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)というより厳しい相手に直面することになる。

 ベネトーは3つのブレークポイントを凌いだ末に、マレク・ジャジリ(チュニジア)を6-4 6-3で退けた。

 36歳のベネトーはドローの中の最年長者であり、ウインブルドン後に引退することになっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、15日撮影
ROTTERDAM, NETHERLANDS - FEBRUARY 15: Damir Dzumhur from Bosnia and Herzegovina in action in his second round match against Andrey Rublev from Russia on day 4 of the ABN AMRO World Tennis Tournament held at Ahoy Rotterdam on February 15, 2018 in Rotterdam, Netherlands. (Photo by Andy Astfalck/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.