「ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権」(WTAプレミア/アラブ首長国連邦・ドバイ/2月19~24日/賞金総額262万3485ユーロ/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第6シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は6-2 6-1でバーボラ・ストリコバ(チェコ)を6-2 6-1で下すのに1時間も必要としなかった。

 第5シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)もまた、ルーシー・サファロバ(チェコ)を6-3 7-5で破り、2回戦に駒を進めた。

 ケルバーは最初のゲームでサービスゲームをブレークされたが、試合の残りの部分では2016年準優勝者のストリコバを相手に何の問題も抱えなかった。彼女はすぐにブレークバックし、第4ゲームでふたたびブレークを果たすと、試合の舵をしっかりとその手につかんだ。彼女は次のラウンドでサラ・エラーニ(イタリア)と対戦する。

「私は堅固なプレーをしたと思う」とケルバーは言った。

「彼女(ストリコバ)と対戦するのは常に難しいことよ。何が起こるか決してわからない。彼女は常にファイターだから」

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した18歳のキャサリン・べリス(アメリカ)は、エリース・メルテンス(ベルギー)を6-3 6-3で倒すことにより、ドーハでのベスト8入りがまぐれでないことを示してみせた。ドーハの準々決勝で彼女は、シモナ・ハレプ(ルーマニア)に敗れていたのだ。べリスは2回戦で、ウインブルドン・チャンピオンのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)と対戦する。

「以前に彼女とプレーしたことは一度もないの。間違いなく私にとって、これは新しい経験になるでしょうね」とべリスは言った。

「彼女は信じられないようなプレーヤーであり、テニス界の頂点に立つようになって、もうかなりになる。もうひとりのトッププレーヤーに対し、自分のテニスがどれくらい通用するのか、自分がどれくらいの位置にいるのか見てみるということだけでも、私にとってはすばらしいことだわ」

 ドローの中にいる4人のグランドスラム大会優勝者の一角、サマンサ・ストーサー(オーストラリア)は、ハードヒッターのアネット・コンタベイト(エストニア)に6-1 2-6 4-6で敗れた。

 わずか55分のうちにキキ・バーテンズ(オランダ)を6-3 6-0で倒したワン・チャン(中国)は、この日もっともスピーディな勝者だった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアンジェリック・ケルバー(ドイツ)
DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - FEBRUARY 20: Angelique Kerber of Germany plays a backhand in her match Barbora Styrycova during day two of the WTA Dubai Duty Free Tennis Championship at the Dubai Tennis Stadium on February 20, 2018 in Dubai, United Arab Emirates. (Photo by Francois Nel/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.