ATPツアー下部大会の「第54回 島津全日本室内テニス選手権大会(京都チャレンジャー)」(京都府京都市・島津アリーナ京都/本戦2月19~25日/賞金総額:男子5万ドル/室内カーペットコート)の本戦4日目は、男子シングルス2回戦残り4試合と男子ダブルス準々決勝残り3試合が行われた。

 シングルスは、第2シードのジョーダン・トンプソン(オーストラリア)、トビアス・カムケ(ドイツ)、ティム・プッツ(ドイツ)、内田海智(富士薬品)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 内田は第6シードのクォン・スンウ(韓国)に6-4 6-7(10) 7-6(7)で競り勝ち、チャレンジャー大会で初の8強入りを決めた。

 ダブルスでは、第3シードのルーク・サビル/ジョーダン・トンプソン(ともにオーストラリア)、ゴン・マオシン(中国)/シェイ・チェン ペン(台湾)、添田豪(GODAI)/内山靖崇(北日本物産)が準決勝に進出した。

 2月23日(金)は女子の試合後11時30分以降に、男子シングルス準々決勝4試合と男子ダブルス準決勝2試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、PRはプロテクト・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)

男子シングルス2回戦

○19トビアス・カムケ(ドイツ)6-3 6-4 ●18ミコール・プラジズニー(ポーランド)[PR]

○22ティム・プッツ(ドイツ)7-6(5) 6-2 ●23プラジュネシュ・グネスワラン(インド)

○27内田海智(富士薬品)6-4 6-7(10) 7-6(7) ●25クォン・スンウ(韓国)[6]

○32ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)[2] 6-3 6-1 ●29コンスタンティン・クラフチュク(ロシア)

男子ダブルス準々決勝

○2ゴン・マオシン/シェイ・チェン ペン(中国/台湾)6-7(3) 6-2 [10-3] ●3トビアス・カムケ/ティム・プッツ(ドイツ)

○5ルーク・サビル/ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)[3] 7-6(1) 7-5 ●8ブライデン・クライン/ルカ・マルガロリ(イギリス/スイス)

○11添田豪/内山靖崇(GODAI/北日本物産)6-2 6-1 ●9トゥナ・アルトゥナ/フーベルト・ホルカシュ(トルコ/ポーランド)

※写真はチャレンジャー大会で初の8強入りを決めた内田海智(富士薬品)
撮影◎真野博正

This article is a sponsored article by
''.