「デルレイビーチ・オープン」(ATP250/アメリカ・フロリダ州デルレイビーチ/2月19~25日/賞金総額62万2675ドル/ハードコート)のダブルス準決勝で、第3シードのマクラクラン勉(日本)/ウーゴ・ニス(フランス)はジャック・ソック/ジャクソン・ウィズロウ(ともにアメリカ)に7-6(3) 6-7(4) [4-10]で敗れた。試合時間は1時間42分。

 ニスとマクラクランのコンビは、今大会が3度目のダブルス出場。2週間前のモンペリエ(ATP250/室内ハードコート)では決勝まで勝ち進み、準優勝を果たしていた。

 今大会でのマクラクラン/ニスは、1回戦でトリート・ヒューイ(フィリピン)/スティーブ・ジョンソン(アメリカ)を7-6(3) 7-6(5)で、準々決勝ではスコット・リプスキー(アメリカ)/ディビジ・シャラン(インド)を3-6 6-3 [10-5]で破って4強入りを決めていた。

 内山靖崇(北日本物産)とのコンビで臨んだ昨年10月の東京(ATP500/ハードコート)で優勝を果たした25歳のマクラクランは、今大会が6度目のATPツアー参戦だった。

 ソック/ウィズロウは決勝で、第4シードのニコラス・モンロー(アメリカ)/ジョン パトリック・スミス(オーストラリア)と対戦する。モンロー/スミスは準決勝で、マシュー・エブデン(オーストラリア)/ドナルド・ヤング(アメリカ)を7-6(4) 2-6 [10-7]で下しての勝ち上がり。

※写真は昨年の楽天ジャパンオープンでのマクラクラン勉(日本)
撮影◎井出秀人/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.