「第54回 島津全日本室内テニス選手権大会」(京都府京都市・島津アリーナ京都/本戦2月18~25日/賞金総額:女子600万円/室内カーペットコート)の本戦7日目は、女子シングルス準決勝と女子ダブルス決勝が行われた。

 シングルスはトップ2シードが決勝へ進出。第1シードの加治遥(島津製作所)は第3シードの大前綾希子(島津製作所)に3-6 7-6(2) 7-5で逆転勝ちし、第2シードの小堀桃子(橋本総業ホールディングス)が第7シードの西本恵(島津製作所)を6-1 0-6 6-4で退けた。

     ◇   ◇   ◇

 4強のうち3人が大会メインスポンサーである島津製作所の選手で、残る1人が昨年プロ転向した19歳の小堀だ。島津製作所と橋本総業ホールディングスの対決の構図は2週間前に行われた日本リーグの決勝と同じ。小堀をシングルス2で起用した橋本総業ホールディングスが島津製作所を3勝0敗で破って優勝していた。

 日本リーグの決勝ではダブルスを戦った西本がこの準決勝で小堀に勝てば、決勝戦は5年ぶりの島津対決となる。そんな中、小堀が冷静かつスマートな試合運びを見せた。第1セットを6-1で奪ったあと、第2セットは西本のショットに押されて0-6と一方的にセットを失ったが、最終セットでうまく気持ちを切り替えた。

「とにかく1ゲーム目からしっかり攻めていこうと思っていた」と第1ゲームでブレークに成功。続くサービスゲームは3度のデュースの末にキープし、第4ゲームではブレークポイントも握られながらブレークバックは許さなかった。

 線は細い小堀だが、クリーンなヒッティング力で右へ左と安定したショットをテンポよく繰り出す。ダウン・ザ・ラインへの積極的な展開も、スピードの速いこのサーフェスでは特に有効だ。5-4で迎えたサービング・フォー・ザ・マッチは0-30とリードを許したが、高確率のファーストサービスから4ポイントを連取し、初の決勝進出を決めた。

 もう一方の準決勝、島津製作所の先輩後輩対決は、過去4回決勝に進出して2015年には優勝した25歳の大前がセットを先取し、初のベスト4に駒を進めてきた23歳の加治がセットを挽回する展開。最終セットは両者キープで2度目のタイブレークに突入のムードだったが、丁寧なアプローチから頻繁にネットに出ていく加治がリズムに乗っていた。

 第12ゲーム、プレッシャーのかかる大前に対して加治の積極的なプレーが生きた。15-15でダブルフォールトをもらうと、バックハンドのクロス、続いてフォアハンドの逆クロスへと2本連続の鮮やかなウィナー。ブレークゲームで試合を締めくくった。

 加治と小堀の対戦は昨年4月の柏のITFサーキット以来(小堀が勝利)だが、それに先駆けてダブルスの決勝でまずは対決。第4シードの小堀/荒川晴菜(フリー)が第3シードの加治/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)を7-6(5) 6-2で破った。

 明日は小堀の2冠達成か、あるいは加治のリベンジか。「応援も力にして、恩返しするつもりで明日はいいプレーを見せたい」と加治は話した。

テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美

※写真はシングルス決勝に進出した第1シードの加治遥(島津製作所)
撮影◎真野博正

This article is a sponsored article by
''.