「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」(ATP500/アラブ首長国連邦・ドバイ/2月26日~3月3日/賞金総額305万7135ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、第8シードの杉田祐一(三菱電機)がイリヤ・イバシカ(ベラルーシ)を7-5 6-1で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間14分。

 今大会に初出場となる杉田は、今季4大会目のATPツアー参戦でマッチ初勝利を挙げた。

 今シーズンの杉田は、1月にオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でグランドスラム3大会連続初戦突破を果たすと、2月のデビスカップ・ワールドグループ1回戦イタリア戦(岩手・盛岡タカヤアリーナ/室内ハードコート)では日本のエースとしてシングルス1勝1敗の戦績を挙げたが、ここまでのATPツアーでは未勝利だった。

 この結果で杉田は、イバシカとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は昨年3月に泉州(ATPチャレンジャー/5万ドル/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、イバシカが5-7 6-1 6-4で勝っていた。

 24歳のイバシカは、前週のマルセイユ(ATP250/室内ハードコート)で予選から勝ち上がり、ツアー大会で自己最高となる4強入りを果たしたばかりだった。

 杉田は2回戦で、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)と対戦する。ストルフは1回戦で、アンドレアス・ヘイダー マウアー(オーストリア)を6-2 6-4で下しての勝ち上がり。

 ディビジ・シャラン(インド)とのペアでダブルスにも出場している杉田は、1回戦でマルチン・マトコウスキ(ポーランド)/イサムウルハク・クレシー(パキスタン)と対戦する予定となっている。

※写真は昨年のUSオープンでの杉田祐一(三菱電機)
撮影◎毛受亮介/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.