ATPツアー下部大会の「慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」(本戦2月26日~3月4日/賞金総額7.5万ドル/神奈川県横浜市・慶應義塾大学日吉キャンパス/ハードコート)の本戦3日目は、男子シングルス2回戦4試合と男子ダブルス準々決勝3試合などが行われた。

 シングルスは、第7シードの伊藤竜馬(北日本物産)、トビアス・カムケ(ドイツ)、セム・イルケル(トルコ)、予選勝者の守屋宏紀(北日本物産)の4人がベスト8進出を決めた。

 日本勢は、伊藤がジェイソン・クブラー(オーストラリア)に3-6 6-3 7-6(3)で競り勝ち、守屋は第2シードのジョン・ミルマン(オーストラリア)の棄権による不戦勝で勝ち進んだ。準々決勝では、伊藤と守屋が対戦する。

 ダブルスでは、第1シードのサンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(ともにタイ)、クリストファー・ルンガット(インドネシア)/ジャン・ザ(中国)、トビアス・カムケ/ティム・プッツ(ともにドイツ)が準決勝進出を決めている。

 3月1日(木)は11時00分から男子シングルス2回戦残り4試合、13時30分以降に男子ダブルス準々決勝残り1試合および準決勝1試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

男子シングルス2回戦

○20セム・イルケル(トルコ)6-2 2-6 7-6(5) ●17イ・ダクヒ(韓国)[8]

○22トビアス・カムケ(ドイツ)6-4 6-2 ●24ジャン・ジェイソン(台湾)[3]

○25伊藤竜馬(北日本物産)[7] 3-6 6-3 7-6(3) ●27ジェイソン・クブラー(オーストラリア)

○30守屋宏紀(北日本物産)[Q] 不戦勝 ●32ジョン・ミルマン(オーストラリア)[2]

男子シングルス1回戦

○3江原弘泰(日清紡ホールディングス)[Q] 7-6(8) 6-7(1) 6-4 ●4アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)

男子ダブルス準々決勝

○1サンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(タイ)[1] 6-3 7-5 ●4マックス・パーセル/アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)

○10クリストファー・ルンガット/ジャン・ザ(インドネシア/中国)6-2 6-2 ●12ペン・シェン イン/アンドレアス・シーエストロム(台湾/スウェーデン)[3]

○15トビアス・カムケ/ティム・プッツ(ドイツ)7-6(1) 7-6(3) ●13ゴン・マオシン/シェイ・チェン ペン(中国/台湾)

男子ダブルス1回戦

○5松井俊英/イ・チュハン(ASIA PARTNERSHIP FUND/台湾)[4] 6-1 2-1 Ret. ●6マッテオ・ドナーティ/エダン・レシェム(イタリア/イスラエル)[Q]

※写真はシングルス準々決勝に進出した第7シードの伊藤竜馬(北日本物産)
写真提供◎慶應チャレンジャー広報部

This article is a sponsored article by
''.