ITF(国際テニス連盟)女子サーキット「慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」(本戦3月6~11日/賞金総額2.5万ドル/神奈川県横浜市・慶應義塾大学日吉キャンパス/ハードコート)の予選2日目は、女子シングルス予選決勝が行われた。

 試合は雨天により室内コートで行われ、第1シードのハリエット・ダート(イギリス)、第3シードのキャサリン・セボフ(カナダ)、昨年の全日本ジュニア18歳以下優勝者で16歳の内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)が本戦入りを決めたが、コートが滑りやすい状況となり2試合が中断し、合わせて5試合と女子ダブルス予選が翌日に順延となった。

 3月6日(火)から本戦がスタートする。初日は10時00分から、女子シングルス1回戦5試合と女子ダブルス1回戦4試合および女子シングルス予選決勝残り5試合と女子ダブルス予選が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

女子シングルス予選決勝

○1ハリエット・ダート(イギリス)[1] 6-1 6-1 ●4ユキ クリスティーナ・チャン(アメリカ)[14]

6二宮真琴(橋本総業ホールディングス)4-6 6-3 順延 8江口実沙(橋本総業ホールディングス)[12]

○9キャサリン・セボフ(カナダ)[3] 6-1 6-1 ●12ユリア・ワハチク(ドイツ)[13]

○15内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)6-4 7-6(5) ●14牛島里咲(筑波大学)

------

17小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[5] 6-4 順延 20ナオミ・チョン(アメリカ)[15]

21大前綾希子(島津製作所)[6] 雨天順延 24リー・ヤーシュエン(台湾)[9]

26本玉真唯(日出高校)雨天順延 27山口芽生(橋本総業ホールディングス)

29秋田史帆(北島水産)[8] 雨天順延 31マー・イェジン(中国)

女子ダブルス予選

1ユキ クリスティーナ・チャン/ユリア・ワハチク(アメリカ/ドイツ)[1] vs 2平田歩/向井マリア(慶應義塾大学)[WC]

3加治遥/清水綾乃(島津製作所/Club MASA)[2] vs 4チェン・ペイシャン/ウー・ファンシェン(台湾)

※写真はシングルス予選を突破した16歳の内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)
写真提供・取材協力◎慶應チャレンジャー広報部

This article is a sponsored article by
''.