「BNPパリバ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月7~18日/賞金総額864万8508ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、大坂なおみ(日清食品)がマリア・シャラポワ(ロシア)を6-4 6-4で倒し、初戦突破を果たした。試合時間は1時間35分。

 今大会の本戦に2年連続出場となる大坂は、昨年の大会で3回戦まで勝ち上がり、マディソン・キーズ(アメリカ)に1-6 4-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。元世界ナンバーワンのシャラポワは、インディアンウェルズで過去3度決勝に進出し、2006年と13年にタイトルを獲得していた。

 大坂は2回戦で、第31シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)と対戦する。シード勢は1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

※写真は大坂なおみ(日清食品)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 07: Naomi Osaka of Japan stretches to return a serve against Maria Sharapova of Russia during Day 3 of the BNP Paribas Open on March 7, 2018 in Indian Wells, California. (Photo by Kevork Djansezian/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.