ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「JAPAN F1 亜細亜大学国際オープンテニス」(本戦3月6~11日/東京都西多摩郡・亜細亜大学日の出キャンパステニスコート/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)の本戦4日目は、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われた。

 試合は雨天により早稲田大学の室内コート(東京都西東京市)で行われ、シングルスは第3シードのダニエル・グエン(アメリカ)、第5シードのウィシャヤ・トロンチャロンチャイグン(タイ)、第7シードの仁木拓人(三菱電機)、予選勝者の斉藤貴史(Team REC)がベスト4に進出。準決勝では、グエンが仁木と、トロンチャロンチャイグンは斉藤と対戦する。

 シード勢が4強を独占したダブルスでは、第1シードの今井慎太郎(東通産業)/仁木が第3シードの吉備雄也(ノア・インドアステージ)/小ノ澤新(エキスパートパワーシズオカ)を7-5 7-5で、第2シードの片山翔(伊予銀行)/守谷総一郎(あきやま病院)は第4シードの井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)/上杉海斗(慶應義塾大学)を7-5 3-6 [10-8]で破り、決勝はトップ2シードの対戦となった。

 3月10日(土)は11時00分からシングルス準決勝2試合、14時00分以降にダブルス決勝が行われる予定となっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、JEはジュニア・イグザンプト(ITFジュニアランキング上位選手への特別制度)、Ret.は途中棄権

シングルス準々決勝

○7斉藤貴史(Team REC)[Q] 1-6 7-6(4) Ret. ●3望月勇希(中央大学)

○16ウィシャヤ・トロンチャロンチャイグン(タイ)[5] 6-4 6-2 ●12清水悠太(イカイ)[JE]

○24ダニエル・グエン(アメリカ)[3] 3-6 6-3 7-5 ●17中川直樹(IMG Tokyo)

○25仁木拓人(三菱電機)[7] 6-1 6-4 ●31守谷総一郎(あきやま病院)

ダブルス準決勝

○1今井慎太郎/仁木拓人(東通産業/三菱電機)[1] 7-5 7-5 ●5吉備雄也/小ノ澤新(ノア・インドアステージ/エキスパートパワーシズオカ)[3]

○16片山翔/守谷総一郎(伊予銀行/あきやま病院)[2] 7-5 3-6 [10-8] ●12井藤祐一/上杉海斗(ライフ・エヌ・ピー/慶應義塾大学)[4]

※写真は予選からシングルス準決勝に進出した斉藤貴史(Team REC)
写真提供◎亜細亜大学国際テニス大会事務局

This article is a sponsored article by
''.