ITF(国際テニス連盟)女子サーキット「慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」(本戦3月6~11日/賞金総額2.5万ドル/神奈川県横浜市・慶應義塾大学日吉キャンパス/ハードコート)の本戦4日目は、女子シングルス準々決勝4試合と女子ダブルス準決勝2試合が行われた。

 シングルスの試合は雨天により室内コートで行われ、第7シードのヴェロニカ・クデルメトワ(ロシア)、ハン・ナレ(韓国)、予選勝者のハリエット・ダート(イギリス)とキャサリン・セボフ(カナダ)がベスト4進出を決めた。

 日本勢は、ともに予選勝者の小堀桃子(橋本総業ホールディングス)と内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)が準々決勝に臨んだが、小堀がクデルメトワに6-2 3-6 2-6で、昨年の全日本ジュニア18歳以下優勝者で16歳の内島はセボフに2-6 6-2 1-6で敗れた。

 ダブルスでは、第2シードのローラ・ロブソン(イギリス)/ファニ・シュトーラ(ハンガリー)が予選勝者の加治遥(島津製作所)/清水綾乃(Club MASA)を6-4 6-4で、小堀/村松千裕(グラムスリー)はアイラ・アクス(トルコ)/ダートを6-1 7-5で破り、それぞれ決勝に進出した。

 3月10日(土)は11時00分から、女子シングルス準決勝2試合と女子ダブルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

女子シングルス準々決勝

○8ヴェロニカ・クデルメトワ(ロシア)[7] 2-6 6-3 6-2 ●3小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[Q]

○10キャサリン・セボフ(カナダ)[Q] 6-2 2-6 6-1 ●13内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)[Q]

○21ハリエット・ダート(イギリス)[Q] 6-4 6-4 ●17ローラ・ロブソン(イギリス)[5]

○30ハン・ナレ(韓国)6-3 6-4 ●25ルー・ジアジン(中国)[8]

女子ダブルス準決勝

○3小堀桃子/村松千裕(橋本総業ホールディングス/グラムスリー)6-1 7-5 ●7アイラ・アクス/ハリエット・ダート(トルコ/イギリス)

○16ローラ・ロブソン/ファニ・シュトーラ(イギリス/ハンガリー)[2] 6-4 6-4 ●11加治遥/清水綾乃(島津製作所/Club MASA)[Q]

※写真はシングルス準々決勝で敗れた16歳の内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)
写真提供◎慶應チャレンジャー広報部

This article is a sponsored article by
''.