「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月8~18日/賞金総額890万9960ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)は予選勝者のマルコス・バグダティス(キプロス)に5-7 6-3 5-7で敗れた。試合時間は2時間13分。

 今大会に2年連続3度目の出場となった西岡は、プロテクト・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)でエントリー。初めて本戦入りを果たした昨年の大会で4回戦まで勝ち進み、スタン・ワウリンカ(スイス)に6-3 3-6 6-7(4)で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。昨年3月にマイアミ(ATP1000/ハードコート)の2回戦で左膝を負傷して4月上旬に前十字靭帯の手術を受けた西岡は、これが復帰後2大会目のATPツアー参戦だった。

 バグダティスは2回戦で、第14シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦する。シード勢は1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

※写真は西岡良仁(ミキハウス)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 09: Yoshihito Nishioka of Japan returns a backhand to Marcos Baghdatis of Cyprus during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 9, 2018 in Indian Wells, California. (Photo by Jeff Gross/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.