アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催されている「BNPパリバ・オープン」(3月7〜18日/WTAプレミア・マンダトリー/賞金総額864万8508ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、世界3位のガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が予選勝者のサーシャ・ヴィッカリー(アメリカ)に2-6 7-5 6-1で敗れるという番狂わせが起きた。

 セットを先取したムグルッサは、第2セットでも3-0とリードし、快調に3回戦に向かっているように見えていたのだが、22歳のヴィッカリーはそこから奮起した。

 ヴィッカリーは3回戦で、1回戦でマリア・シャラポワ(ロシア)を倒したあと、アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)をも退けた、日本の大坂なおみ(日清食品)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はサーシャ・ヴィッカリー(アメリカ)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 09: Sachia Vickery reacts following her victory over Garbine Muguruza of Spain during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 9, 2018 in Indian Wells, California. (Photo by Jeff Gross/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.