ITF(国際テニス連盟)女子サーキット「富士薬品セイムス ウィメンズカップ in 中京大学」(本戦3月13~18日/賞金総額2.5万ドル/愛知県豊田市・中京大学豊田キャンパステニスコート/ハードコート)の本戦3日目は、シングルス2回戦8試合とダブルス準々決勝4試合が行われた。

 シングルスは、第1シードの穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)、第7シードのアイラ・アクス(トルコ)、ファニ・シュトーラ(ハンガリー)、ハリエット・ダート(イギリス)、デヤナ・ラダノビッチ(セルビア)、瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)、キャサリン・セボフ(カナダ)、予選勝者のユリア・グルシュコ(イスラエル)がベスト8進出を決めた。

 ダブルスでは、第4シードの波形純理(伊予銀行)/瀬間、小堀桃子(橋本総業ホールディングス)/村松千裕(グラムスリー)、藤原里華(北日本物産)/ダルマ・ガルフィ(ハンガリー)、チェ・ジヒ/キム・ナリ(ともに韓国)が準決勝進出を決めている。

 3月16日(金)は11時00分から、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、SEはスペシャル・イグザンプト

シングルス2回戦

○1穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)[1] 6-2 6-3 ●4清水綾乃(Club MASA)

○8アイラ・アクス(トルコ)[7] 6-4 6-2 ●5牛島里咲(筑波大学)[Q]

○11瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)7-5 7-5 ●10藤原里華(北日本物産)[Q]

○13キャサリン・セボフ(カナダ)[SE] 不戦勝 ●16ローラ・ロブソン(イギリス)[6]

------

○20ハリエット・ダート(イギリス)[SE] 6-0 6-4 ●18ジウリア・ガット モンティコーネ(イタリア)

○21デヤナ・ラダノビッチ(セルビア)6-3 6-4 ●24ビアンカ・アンドリースク(カナダ)[4]

○26ファニ・シュトーラ(ハンガリー)6-2 6-2 ●27二宮真琴(橋本総業ホールディングス)[Q]

○29ユリア・グルシュコ(イスラエル)[Q] 6-1 3-6 7-5 ●32波形純理(伊予銀行)[2]

ダブルス準々決勝

○4藤原里華/ダルマ・ガルフィ(北日本物産/ハンガリー)不戦勝 ●1ローラ・ロブソン/ファニ・シュトーラ(イギリス/ハンガリー)[1]

○5波形純理/瀬間詠里花(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)[4] 6-4 6-7(4) [10-8] ●7岡村恭香/奥野彩加(ストライプインターナショナル/フリー)

○11チェ・ジヒ/キム・ナリ(韓国)6-4 7-6(2) ●10ユキ クリスティーナ・チャン/ユリア・ワハチク(アメリカ/ドイツ)

○13小堀桃子/村松千裕(橋本総業ホールディングス/グラムスリー)6-4 6-0 ●15鮎川真奈/清水綾乃(エームサービス/Club MASA)

※写真はシングルス準々決勝に進出した瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)
写真提供◎Fuji Yakuhin SEIMS Women's Cup

This article is a sponsored article by
''.