【お詫び】一部のメディアで再生されない状況となっております。ご迷惑をおかけしており申し訳ありません。ただいま調整中ですのでもうしばらくお待ちください。

「BNPパリバ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月7~18日/賞金総額864万8508ドル/ハードコート)の女子シングルス準々決勝で、大坂なおみ(日清食品)が第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を6-2 6-3で退け、ベスト4進出を決めた。

 大坂は準決勝で、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。ハレプは準々決勝で、ぺトラ・マルティッチ(クロアチア)を6-4 6-7(5) 6-3で下しての勝ち上がり。

This article is a sponsored article by
''.