「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月8~18日/賞金総額890万9960ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第6シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が第31シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を3-6 6-3 6-4で下し、5年ぶりとなる準決勝進出を決めた。

 デル ポトロは準決勝で、第32シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦する。ラオニッチは金曜日、第18シードのサム・クエリー(アメリカ)を7-5 2-6 6-3とやはりフルセットの戦いの末に倒して勝ち上がった。

 土曜日に行われるもうひとつの準決勝は、世界1位のロジャー・フェデラー(スイス)対ボルナ・チョリッチ(クロアチア)というカードになっている。

 デル ポトロは、ハードコート上での過去の6対戦で、コールシュライバーに負けたことは一度もなかった。デル ポトロがこれ以前にインディアンウェルズで決勝に至ったのは2013年のこと。その際には、そこでラファエル・ナダル(スペイン)に敗れた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 16: Juan Martin Del Potro of Argentina reacts to match point over Philipp Kohlschreiber of Germany during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 16, 2018 in Indian Wells, California. (Photo by Harry How/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.