「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月8~18日/賞金総額890万9960ドル/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が劣勢を覆し、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)に5-7 6-4 6-4で競り勝った。

 この勝利でフェデラーは今季の成績を、年のスタートとしてはキャリア最高の17勝0敗に更新し、インディアンウェルズで記録的6度目のタイトルを獲るチャンスを手に、決勝に歩を進めることになった。

 フェデラーは、ロッド・レーバー(オーストラリア)やピート・サンプラス(アメリカ)を含む、熱心なサポーターたちの目の前で、スロースタートを克服した。彼は5-7 2-4と劣勢に立たされたが、そこからこの試合で初めてチョリッチのサービスゲームを2度ブレークし、第2セットの最後の4ゲームを連取した。

 第3セットには、5度のブレークがあった。フェデラーは3-4とリードを奪われていたが、2度のデュースのあとにそこからブレークに成功。最後の3ゲームを取って、2時間20分の苦闘に終止符を打った。

 マッチポイントでは、チョリッチの逆クロスのフォアハンドがアウトとコールされ、チョリッチはこの判定にチャレンジしたが、ラインシステムはボールがはっきりとサイドラインの外だったことを示していた。

 フェデラーが、こうもいい成績でシーズンを始めたのは、2006年以来のことだった。2006年、彼は年の最初の16試合に勝ち、最終的に92勝5敗の戦績を謳歌した。

 この日のフェデラーは、彼にしては稀な、11時からの試合をプレーしていた。ATPツアーによれば、彼は2006年以来、こうも早い時間にプレーしていなかったという。その慣れない時間帯が彼の体のリズムを狂わせていたことは、彼がコートの至るところでミスを犯し、セカンドセットの後半まで、チョリッチのサービスゲームをブレークできないでいたことに表れていた。

「本当に起きたばかり、という感じだった」とフェデラーはコート上のインタビューで言った。

「今日は早かった。9時15分にパスタを食べたが、おいしかったよ」

 第2セットで0-2と劣勢に立たされていたとき、観客たちは大きな声援や喝采によって、フェデラーからよりよいショットを引きだそうと努めているかのようだった。

「ボールをプレーの中にとどめるため、少しばかり奮闘する必要があった」とフェデラーは言った。

「ボルナは信じられないほど安定しており、深くて厳しいボールを何本でも打ってきた」

 21歳のクロアチア人、チョリッチはこの日、彼にとって初のATPマスターズ1000の準決勝を経験した。フェデラーは、36歳にしてふたたび世界1位に昇り、マスターズ1000では27度優勝している。

 若手の台頭が目立った今大会で、チョリッチは、目覚ましい活躍を見せた20歳そこそこの選手の一角だった。女子では、ダリア・カサキナ(ロシア)と日本の大坂なおみ(日清食品)というともに20歳の選手が、よりランキングの高い選手たちを数人ノックアウトしたのちに、決勝で対決することになった。

 なお、もうひとつの男子シングルス準決勝では、第6シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が第32シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)をわずか66分のうちに6-2 6-3で下し、決勝に駒を進めた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はロジャー・フェデラー(スイス)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 17: Roger Federer celebrates match point against Borna Coric of Croatia during their semifinal match at BNP Paribas Open - Day 13 on March 17, 2018 in Indian Wells, California. (Photo by Joe Scarnici/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.